「閃の軌跡I:改」発売まで残りわずか!各キャラクターの特徴・運用などをおさらい

こんにちは、KN-5です。
閃の軌跡I:改の発売まで残り1週間を切りました!

恐らく各キャラクターの性能は変わらないと思いますので、
各キャラクターごとの運用方法をおさらいしていきたいと思います。
※ゲストキャラクター(サラ・アンゼリカは入っていません)

【目次】
■リィン / ■アリサ / ■エリオット / ■ラウラ
■マキアス / ■ユーシス / ■エマ / ■フィー
■ガイウス / ■ミリアム / ■クロウ

リィン

主な特徴
今作の主人公。この頃はまだ幸せだった…
ステータス上は主人公だけあり、全体的に高水準な万能型
とは言ってもHP・ATK・SPDが高めなので、前衛での物理アタッカーが基本となる。
但し、アタックランクが「斬S」のみの為、相手によって崩し辛い点は注意。
オーブメント縛りは「時」×2と「火」で長所を伸ばせる構成。

クラフト
■紅葉切り(初期クラフト)
駆動解除用クラフトの中でも「低CP消費」・「遅延付き」・「指定地点」と中々の性能。
但し、威力は低めで使用後は移動してしまう点は注意。

■激励(LV5で習得)
軌跡シリーズ主人公恒例のSTRアップクラフト。
範囲が自分中心LLの為、ある程度前線に居ても味方に届きやすく使いやすい。
CP+10も地味に嬉しい効果。

■弧影斬(LV15で習得)
「高威力」・「遅延(大)」・「挑戦(指定地点)」・「良ディレイ」と非常に優秀なクラフト。
他キャラの遅延クラフトと合わせると、耐性の無い相手は完封可能。

■疾風(LV35で習得)
「広範囲(円L)」・「高威力」で雑魚戦や集団戦向けのクラフト。
追加効果の封技も意外に便利。

■業炎撃(LV55で習得)
リィンのクラフトで最も威力の高いクラフト。
炎傷・気絶の追加効果も強く、円Sの範囲ながらも指定地点の為、使いやすい。

■Sクラフト『焔ノ太刀』(1章イベントで習得)
■Sクラフト『蒼焔ノ太刀』(終章イベントで強化)
範囲も威力もそれなりで炎傷効果もある、シンプルな使いやすさのSクラフト。
リィンの場合は通常クラフトが優秀な為、そちらのCPを回した方が良いと思う。

運用方法例
①CP補給手段を確保し「弧影斬」メインで立ち回る
アクセサリの「必勝ハチマキ」や「闘魂ベルト」を付けて「弧影斬」を打ちまくる。
他キャラでメルティライズを使えると更に安定する。

②SPDを上げて臨機応変に立ち回る。
メインアタッカーと補助役を使い分けパーティーの足りない部分を補うように動く。
マスタークオーツなどは必要な要素に合わせて変更する。

ページトップへ


アリサ

主な特徴
通常攻撃が弓による遠距離攻撃+低耐久の為、後方支援型のステータス
アーツよりの能力ではあるが、STRやDEXもそれほど低くは無い為、補強次第で物理も可能。
とは言ってもやはり支援としての働きが最も輝くキャラである。
オーブメント縛りは「火」×2と「空」で火の扱いが若干頭を悩ませる構成。

クラフト
■フランベルジュ(初期クラフト)
単体向けの駆動解除用クラフトで、「低CP消費」・「炎傷付き」とコスパが良い。
しかし、別クラフトの支援が優秀な為、使用頻度は低いかもしれない。

■セントアライブ(LV8で習得)
HP+CP回復クラフトで指定地点だが、アリサ自身は対象外。
CP+40は嬉しいが消費も高い為、自身のCP補給手段の確保が必要。

■メルトレイン(LV24で習得)
指定地点の円Lと範囲は非常に優秀だが、威力・消費CP共に今一つなクラフト。
状態異常ばらまき用クラフトと割り切れば使えなくはないが、他のクラフトにCPを割いた方が無難。
暁の軌跡では物凄く厄介なクラフト

■ヘブンズギフト(LV52で習得)
アリサを優秀な支援キャラたらしめるクラフト。
高CP消費と自身に効果が無いのは難点だが、シャイニング+メルティライズをノータイム且つ範囲でばら撒けるのは非常に便利。
アリサの場合、CP消費は極力このクラフトに割きたい所。

■Sクラフト『ロゼッタアロー』(3章イベントで習得)
■Sクラフト『ジャジメントアロー』(6章イベントで強化)
実は今作唯一の直線範囲Sクラフト。
威力・追加効果ともに今一つの為、ヘブンズギフトにCPを割いた方が無難。

運用方法例
①CP補給手段を確保し「ヘブンズギフト」を中心に補助に徹する
アクセサリの「闘魂ベルト」を付けて「ヘブンズギフト」等で他キャラを支援する。
暇を見てフォルテなどの補助アーツや料理でのCP補給を行う。

②攻撃系の能力を上げて、補助役兼サブアタッカーとして運用
基本は「ヘブンズギフト」での補助だが、アリサ自身も攻撃を行っていく。
物理とアーツのどちらをメインにするかで装備品を調整する。

ページトップへ


エリオット

主な特徴
典型的な魔法使い系で、HP・DEFなどが低く、EP・ATSが高いといった分かりやすい性能。
エリオットの真価は回復・補助の優秀さにあり、パーティーの生存率を飛躍的に上げる事が可能。
オーブメント縛りは「空」×2と「水」とアーツ補助にピッタリな構成。

クラフト
■エコーズビート(初期クラフト)
初期クラフトでありながら、最も使えると言っても過言ではないクラフト。
これを掛けておくだけでパーティーの安定性がぐっと高まる為、定期的に使用したい。

■ブルーララバイ(LV6で習得)
序盤では貴重な範囲型の魔法系攻撃クラフト。
指定地点で使いやすく、確率は低めだが「睡眠」の追加効果も地味に嬉しい。

■ディフェクター(LV9で習得)
アナライズ+追加効果のクラフト。
意外に追加効果のバランスダウンがボス戦で役だったりする。

■ホーリーソング(LV32で習得)
自身中心の広範囲(円L)にHP回復+状態異常回復を行えるクラフト。
CP消費もそれほど高くなく、状況により劣勢を立て直せる優秀なクラフト。

■ノクターンベル(LV57で習得)
ブルーララバイをそのまま一回り強化した性能のクラフト。
弱くはないが、習得する頃には有用なアーツが揃っている為、使用頻度は低いと思う。

■Sクラフト『セブンラプソディ』(4章イベントで習得)
(演出的に)今作のネタSクラフト。
弱くはないが、「エコーズビート」や「ホーリーソング」にCPを割いた方が良い。

運用方法例
①パーティーの回復役として運用
クラフトとアーツの回復・補助を使いこなし、パーティーの生命線を支える運用。
マスタークオーツを「エンゼル」にしておけば、全滅の可能性を減らせる。

②ATSやEPを上げて、アーツアタッカーとして運用
「エコーズビート」で補助をしつつ、自身も積極的にアーツで攻撃を行う運用。
EP管理が中々大変な点は注意。

ページトップへ


ラウラ

主な特徴
典型的な物理アタッカーで、STRは全キャラ中トップだが、ATS・ADF等のアーツ系能力は低い。
DEXが若干低い為、高い攻撃力を活かせる様に命中率の補強はしっかりとしよう。
オーブメント縛りは「水」×2と「火」と水2つの扱いに困る構成。

クラフト
■鉄砕刃(初期クラフト)
単体攻撃ではあるが、「低CP消費」・「高威力」という使いやすいクラフト。
おまけに追加効果で「DEF低下」と「封技」がつく為、ボス戦にはピッタリ。

■地裂斬(LV9で習得)
威力は鉄砕刃より劣るが範囲が直線Mでより集団戦向けのクラフト。
消費CPのバランスが良く、対雑魚戦でのメインクラフトとなるはず。

■洸円牙(LV36で習得)
「高威力」・「広範囲(指定地点円L)」・「優秀な追加効果(気絶&吸引)」と3拍子揃った強クラフト。
相応に消費CPも高い為、ここぞという箇所で使っていこう。

■洸翼陣(LV45で習得)
STR&DEF+50%・ATS&ADF-50%・心眼と強烈な自己バフクラフト。
しかしラウラの場合、駆動解除クラフトが無く下がったADFで受けるのは危険な為、他キャラでフォローが必須。
因みに能力低下分はアクセサリなどの能力低下無効で対処可能ではある。

■Sクラフト『奥義・洸刃乱舞』(初期から使用可能)
■Sクラフト『真・洸刃乱舞』(5章イベントで強化)
初期から使えるSクラフトで序盤をしっかりと支えてくれる。
「真・洸刃乱舞」になると威力・範囲共に大幅強化され更に頼もしくなる。

運用方法例
①攻撃面を更に強化し、メインアタッカーとして運用
装備品で高いSTRをさらに強化し、ガンガン敵のHPを削っていく運用。
リンク相手をSPDの高いリィンやフィーにし、追撃の回数を増やすと更に良し。

②防御面を強化し、壁役としてパーティーを守る
優秀な耐久面と洸翼陣の心眼を活かして壁役として運用。
心眼からの回避カウンターによるダメージソースとしても期待できる。

ページトップへ


マキアス

主な特徴
ステータス的にはDEX以外に目立って高い能力は無く、むしろEPやSPDは低い。
大きな特徴として通常攻撃が範囲攻撃(円M)という点が挙げられる。
また、マキアスの真価は他キャラと一線を画すクラフトの存在である。
オーブメント縛りは「地」×2と「幻」と、正直な所かなり微妙な構成。

クラフト
■ブレイクショット(初期クラフト)
単体攻撃ではあるが、「低CP消費」・「高威力」・「駆動解除」・「DEF低下」という優秀なクラフト。
駆動解除目的以外にもボス戦では通常攻撃代わりに使いたいクラフト。

■エナジーシェル(LV17で習得)
範囲円Mの貴重なHP・EP回復クラフト、但しマキアス自身は対象外。
EP回復手段はそれほど多くは無い為、使いやすく非常に便利。

■ソリッドカート(LV34で習得)
広範囲(円L)で威力もそこそこあり、追加効果で石化効果付きのクラフト。
石化が有効な敵には非常に強力な攻撃手段となるが、普段使いとしては若干使い辛い。

■バーストドライブ(LV57で習得)
円Mの範囲で加速(味方を即時行動させる)という戦況を一変できる可能性もある、非常に強力なクラフト。
マキアス自身は対象外且つディレイが非常に重い為、クロノバーストと併用がおススメ。

■Sクラフト『マキシマムショット』(4章イベントで習得)
威力・範囲ともに今一つでマキアス自体のステータスの低さもあり、ぶっちゃけ弱いSクラフト。
優秀な通常クラフトにCPは割いた方が良い。

運用方法例
①EP回復や加速を駆使して、他キャラを支援
EP回復と加速はアーツ型のキャラと相性が良い為、ぜひ組ませて活躍させたい。
自身のEP・CP管理が大変な点は注意が必要ではある。

②通常攻撃が範囲な点を活かし、状態異常・能力低下ばらまき役で運用
マスタークオーツ「ジャグラー」や「サイファー」と相性が良く、トリッキーな立ち回りが可能。
相手次第では状態異常により一度も行動させずに勝てるかも?

ページトップへ


ユーシス

主な特徴
ステータス的には万能型で、リィンをよりアーツ型にしたような感じ。
まさに物理・アーツどちらでも戦えるキャラだが、特化させた方が活躍は出来る。
特にDEXは低めな為、物理型として運用する場合は命中率の補強は必須。
オーブメント縛りは「空」×2と「風」と物理・アーツどちらでも使いやすい構成。

クラフト
■クイックスラスト(初期クラフト)
単体攻撃ではあるが、「低CP消費」・「高威力」・「駆動解除」・「遅延(大)」という優秀なクラフト。
物理主体で運用する場合はメインとなるクラフト。

■ルーンブレイド(LV16で習得)
範囲円Mの魔法攻撃クラフトで、追加効果で相手のADFを大幅に下げる事が可能。
但し、崩しは発生しない為、その点は注意が必要である。

■ノーブルオーダー(LV26で習得)
低CP消費で広範囲(自身中心円LL)にSTR・ATS・SPDアップを行える、優秀なクラフト。
ユーシス自身にも効果があり、戦闘開始直後に使えば戦局を有利に進める事が可能。

■プレシャスソード(LV46で習得)
威力・範囲はそれなりで追加効果の封技・凍結も便利だが、若干CP消費が重い点が気にあるクラフト。
凍結が効く相手には有用な攻撃手段となる。

■Sクラフト『クリスタルセイバー』(2章イベントで習得)
今作最弱Sクラフトと呼ばれるぐらいに、威力・範囲が寂しいSクラフト。
追加効果も無い為、素直に通常クラフトCPを割いた方が良い。

運用方法例
①ノーブルオーダー後にアーツアタッカーとして運用
装備品でEP・ATSを強化し、アーツ型として運用。
ノーブルオーダーは後方からでも前衛に届きやすいが、位置取りには気を付けよう。

②ノーブルオーダー後にアーツアタッカーとして運用
装備品でSTR・命中率を強化し、物理アタッカーとして運用。
メインクラフトはクイックスラストが非常に優秀でおススメ。

ページトップへ


エマ

主な特徴
今作唯一のオーブメント1本連結のキャラで、アーツ特化型のステータス。
アーツ関係の能力は非常に高いが、HPやDEFは最低ランクの為、敵の攻撃を受けない様に気を付けよう。
オーブメント縛りは「幻」×2と「火」とアーツ特化しやすい構成。

クラフト
■ディフェクター(初期クラフト)
エリオットの同クラフトと全く同じ性能。

■セレネスブレス(初期クラフト)
単体に蘇生+HP50%回復+CP20の分かりやすい回復クラフト。
因みに戦闘不能になっていないキャラにも使用可能で、その際はHPとCP回復のみの効果。

■イセリアルエッジ(LV16で習得)
指定地点直線Mの魔法攻撃クラフト。追加効果でATS‐50%で威力はほどほど。
魔法攻撃で崩しが発生する珍しいクラフトではあるが、エマ自体のアタックランクが低い為、期待は薄い。

■クレセントシェル(LV25で習得)
円Mで魔法反射とDEF+50%を付与できる便利なクラフト。
アーツを使ってくる敵に対して使いたいが、エマ自身は対象外な点は注意が必要。

■アステルフレア(LV48で習得)
「高威力」・「広範囲(円L)」の魔法攻撃で、駆動無しで使えるアーツという感じ。
「フレア」とついているが無属性な為、相手を選ばず使えるメリットもある。

■Sクラフト『ロードアルベリオン』(5章イベントで習得)
全体攻撃の高威力魔法攻撃でエマ自身のATSが高い為、殲滅力は高い。
通常クラフトはクセのある物が多い為、CPはコチラに回しても良いと思う。

運用方法例
①マスタークオーツ「パンドラ」を付けて高威力アーツで攻める
アーツの威力を底上げし、抜群の殲滅力を持ったアタッカーとして運用。
EP消費量が増える為、マキアスと組ませるなど補給手段の確保が必要。

②マスタークオーツ「アリエス」を付けてアーツを連発できる様にする
アーツで与えたダメージをEPに変換できる為、EP補給の手間が大幅に減る。
装備品などでATSを強化しておけば、安定感がグッと高まる。

ページトップへ


フィー

主な特徴
私の中での今作(というか閃の軌跡シリーズ)のメインヒロイン!
能力はSPDとAGLが全キャラ中トップだが、HP・DEF・ADF等の防御面は低いスピード特化型。
アタックランクが「斬」・「突」・「射」の3つがBとなっており、崩しが発生しやすいのも特徴。
フィー自身のSTRは平均より若干上ぐらいの為、他の高火力キャラとのリンクが重要となる。
なお、Ⅱ以降と違い絶対回避率は5%しかなくカウンターも近距離となる為、Ⅱ以降と運用が大きく変わる。
オーブメント縛りは「風」×2と「時」と長所を伸ばせる理想的な構成。

クラフト
■クリアランス(初期クラフト)
円Mの駆動解除用クラフトで、SPD-25%も付与される。
威力はそこまで高くないので、特に後半になると駆動解除用になりやすい。

■Fグレネード(LV17で習得)
範囲は広い(円L)が、低威力且つ崩し無しの為、使い勝手は悪い。
「~刃系」のクオーツを付けて、雑魚戦での状態異常ばらまきに使えるぐらいか。

■スカッドリッパー(LV33で習得)
「高威力」・「良ディレイ(通常攻撃と同じ)」・「優秀な追加効果(気絶&即死)」という優秀なクラフト。
CP消費もそこまで大きくない為、CP確保が可能であれば通常攻撃代わりに使っても良い。

■リミットサイクロン(LV56で習得)
CP消費は重いが「高威力(フィーのクラフトの中で1番)」・「遅延(全キャラ中最高ランク)」と強烈なクラフト。
フィー自体が速い為、遅延耐性の無い相手であればリィンの「弧影斬」などと合わせると完封勝利する事も可能。

■Sクラフト『シルフィードダンス』(初期から使用可能)
最初から使える上、威力・範囲ともに優秀な非常に優秀なSクラフト。
ヒット数も多い為、輝脈やセプターを使ったセピス稼ぎにもうってつけ。

運用方法例
①優秀な「スカッドリッパー」を主軸に立ち回る
他の高火力キャラ(リィン・ラウラなど)とリンクし、フィー自身はスカッドリッパーを連発。
CP確保が必要だが、前方に出なくて済む為、耐久力の低さを補える。

②持ち前のSPD・AGLの高さを活かし、臨機応変に立ち回る
装備品でSPDをさらに強化する事で、状態異常のばらまきやアーツやアイテムでの補助役を任せる。
また、Ⅱ以降ほどではないが、回避率を上げる事で囮役を任せてる事も可能。

ページトップへ


ガイウス

主な特徴
ラウラを防御寄りにした様なステータスで、特にHPは全キャラ中1位ととにかくタフ。
前衛の中ではリーチが長く、回避カウンターが発生しやすいのも特徴。
但し、ATS・ADFは全キャラ中最低ランク且つ駆動解除クラフトが無い為、敵の魔法攻撃には注意が必要。
オーブメント縛りは「風」×2と「地」と前衛としての耐久力を高めやすい構成。

クラフト
■ゲイルスティング(初期クラフト)
低CP消費の遠距離攻撃クラフト(指定地点直線S)
威力は心もとないが、追加効果の封技が効く的には便利。

■タービュランス(LV14で習得)
「範囲円M」で威力もそれなりにある使い勝手の良いクラフト。
追加効果で暗闇付与もある為、対集団戦でのメインクラフトとなる。

■ワイルドレイジ(LV25で習得)
HPを30%消費してCP50を得るクラフト。
CP補給は便利だが、残りHPや行動順には注意する事。

■サベージファング(LV47で習得)
「高威力」・「良範囲(指定地点円M)」・「遅延(大)」と非常に強力なクラフト。
消費は重いが、ワイルドレイジのおかげで手軽に使用できるのも大きい。

■Sクラフト『カラミティホーク』(3章イベントで習得)
威力はそれなりにあるが、範囲が狭い(円L)のが難点。
CP補給は容易にできる為、数を打つスタイルが良いと思う。

運用方法例
①ワイルドレイジをフル活用して、クラフトを打ちまくる
HP管理が大変ではあるが、ダメージソースとして強力な運用方法。
残りHPで効果があるマスタークオーツ(シュバリエなど)と組み合わせると更に良い。

②回避率を強化し、壁役兼カウンター要員として運用
リーチの長さを活かし、回避カウンターで敵の体力を削って貰う。
敵のアーツには注意が必要な為、駆動解除ができるキャラと組ませよう。

ページトップへ


ミリアム

主な特徴
DEF・ADFが全キャラトップ、STRもかなり上位、しかしHP・SPD・DEX・AGLは全キャラ最下位という特異なステータス。
特にHPがかなり低い為、DEFなどは高いがあっさり戦闘不能になりやすく補強は必須。
通常攻撃が範囲円Sとなっているのも特徴で、優秀なクラフトも合わせて雑魚戦での殲滅力が高い。
オーブメント縛りは「幻」×2と「地」とステータスとアンバランスで微妙な構成。

クラフト
■バスターアーム(初期クラフト)
円Mの駆動解除用クラフトで、追加効果の気絶付与が強力。
威力もそれなりにある為、かなり使いやすい部類に入る優秀なクラフト。

■アルティウムバリア(初期クラフト)
ミリアム自身にのみ物理完全防御を付与。
効果自体は便利だがアーツで代用可能な為、使用頻度は低い。

■ライアットビーム(LV42で習得)
「指定地点直線M」且つ「高威力」と使いやすいクラフト。
但し、崩し無効となっている為、総合ダメージは他のクラフトの方が高くなることが多い。

■メガトンプレス(LV55で習得)
「広範囲(円L)」・「高威力」・「遅延(全キャラ中最高)」・「優秀な追加効果(気絶)」と凶悪性能のクラフト。
雑魚戦で使うと気持ち良いぐらいに一掃する事が可能。

■Sクラフト『ギガントブレイク』(初期から使用可能)
全体攻撃且つ全キャラ中トップクラスの威力を持ったSクラフト。
雑魚戦・ボス戦選ばずに使っていける性能。

運用方法例
①マスタークオーツ「タウロス」を付けて、一発の威力を極める
元々一発が大きいミリアムの長所を更に伸ばす運用。
ただでさえ遅いSPDが更に遅くなる為、他キャラでのフォローは必要となる。

②HPを補強し、壁役として運用
低いHPをしっかりと補強する事で、高DEF・ADFから壁役とする事も可能。
緊急回避として「アルティウムバリア」が意外と役に立つ。

ページトップへ


クロウ

主な特徴
ステータス全てが平均以上と高水準の万能型。どちらかと言うとATS寄りの能力。
何でもそつなくこなすが、クラフトはクセの強い物が多く使い辛い。
通常攻撃が遠距離となる為、基本的に後方支援が役割となる。
一番の難点は、最後の最後でパーティーを抜けるという点。
オーブメント縛りは「時」×2と「水」とバランスの良い構成。

クラフト
■ダブルクイック(初期クラフト)
CP消費は低いが威力も低く、遅延の効果も薄い何とも言えないクラフト。
指定地点範囲円Mと使いやすい範囲攻撃ではある為、状態異常などをばらまく際に活用しよう。

■フリーズバレット(初期クラフト)
追加効果の凍結は便利だが、消費CPに対して威力は低め。
凍結が有効な相手限定のクラフトとなりやすい。

■ワイルドカード(LV42で習得)
何が起こるか分からない、いわゆるパルプンテ的なクラフト。
CP+100など、ハマった時の効果は高いが、わざわざ使うほどではないと思う。

■カオストリガー(LV54で習得)
威力は高いがCP消費も高く、追加効果も混乱&悪夢とそれほど有用とは言いづらい。
Sクラフトが優秀な為、そちらにCPを回す方が賢明。

■Sクラフト『クロスレイヴン』(初期から使用可能)
広範囲(指定地点円LL)且つ全キャラ中トップクラスの威力を持ったSクラフト。
通常クラフトがあまり優秀ではない為、CPはSクラフト用にすると良い。

運用方法例
①後方からアーツを中心に前衛を支援する
物理に強い相手ならアーツ、逆なら物理と使い分けて戦う事が可能。
バーティーの足りない部分を補う形で運用すると良い。

②後方からCPを貯めつつSクラフトを放っていく運用
アクセサリの「闘魂ベルト」などでCP確保を容易にし、貯まり次第Sクラフトを発動する。
クオーツなどで一発の威力を高めておくと、より活躍が可能。

ページトップへ


閃の軌跡I:改プレイ時のパーティー編成の参考になれば幸いです。
因みに私の最終パーティーはリィン・フィー・マキアス・アリサでした。

それでは、またいずれ!


英雄伝説 閃の軌跡1:改 -Thors Military Academy 1204-

■yahoo!ショッピングはコチラ
■amazonはコチラ