閃の軌跡I:改 1周目からNIGHTMAREを攻略 その③【2章】

こんにちは、KN-5です。
前回に引き続き、閃の軌跡I:改のNIGHTMARE攻略メモです。
1章はこちら

2章

旧校舎・第2層

戦闘メンバーはリィン・エリオット・ガイウス・アリサ・ラウラの5人から選択。
おすすめはリィン・エリオット・アリサ・ラウラ
雑魚的ではストークスの攻撃で気絶させられる可能性がある為、優先して撃破する様にしたい。
また、ドグドールからUマテリアルが入手できるので、不足気味なら稼ぐのもあり。

【ボス:ケルビムゲイト×3】
混乱を付与してくる為、少なくとも攻撃役と回復役の2人にはアクセサリで防いでおきたい。
広範囲攻撃持ちでもある為、残りHPに気を付けこまめに回復を行う様に。
STRバフを付けたリィンとラウラでSクラフトを使い、速攻で数を減らすと有利に立ち回れる。


実技テスト

戦闘メンバーはリィン・アリサ・ラウラ・ガイウスとなる為、装備品の調整は忘れずに。
少なくともリィンかアリサには封技無効のアクセサリを付けておきたい。

【ボス:戦術殻β】 ※一度でも駆動解除して勝利すればAPボーナス(+1)
広範囲攻撃+封技付与の「サンダーストーム」が厄介。
エリオットがいないので回復にはアリサのセントアライブを活用しよう。
駆動後に行ってくるのは物理1回無効の「アダマスガード」でそれほど怖くはないが、
APボーナスの条件でもあるのでしっかりと駆動解除をしておこう。

【ボス:サラ】
絶対勝てない戦闘なので素直に全滅してOK。
トロフィー狙いの場合はアナライズorバトルスコープをしておく事。


特別実習(バリアハート)

ここからパーティーがリィン・フィー・マキアス・ユーシス・エマになる。
おススメの戦闘メンバーは、リィン・フィー・エマ・マキアスorユーシス

マスタークオーツを、フィーは「ファルコ」・マキアスは「ブレイブ」に変更しておくと良い。
また、2章から店で購入できるマスタークオーツ「ウィング」は最終的に全状態異常無効となるので、
誰か(控えメンバーでもOK)に装備させて早めに鍛えておきたい。

戦闘ではアクセサリやクオーツ、心眼で回避率を上げたフィーを最前線に置き、
他のキャラは後ろから援護する形が安定しやすい。

バリアハート周辺の厄介な雑魚敵はオーロックス峡谷道に集まっており、
中でも厄介なのが即死攻撃持ちのワーマンティス。
この時点では即死を防ぐアクセサリは無い為、速攻で撃破できる様にしよう。
また、1章の手配魔獣だったズウォーダーも大型の敵として出てくるが、
こちらも中々の強敵なので消費した状態の場合は避けて通る方が良い。

【手配魔獣①:フェイトスピナー】
戦闘前にマキアス・ユーシスをメンバーに入れる必要がある。
混乱攻撃を行ってくる為、リィンやフィー、マキアスには防止用アクセサリを装備させておきたい。
遅延が有効な敵なので、フィーを囮にしてリィンの孤影斬を中心に攻めると良い。

【手配魔獣②:ヴィナスマントラ/マントラップ×6】
少し前のイベントでユーシスがパーティーから外れている為、
リィン・フィー・エマ・マキアスでの戦いとなる。
暗闇付与の範囲攻撃を使ってくる為、リィン・フィーはアクセサリで防ぐようにしたい。
取り巻きが多く面倒なので、戦闘開始直後にリィン・フィーのSクラフトで一掃してしまうと楽。
ヴィナスマントラ自体は範囲攻撃が多い為、HP回復は早めのタイミングで行うと安全に戦える。


公都地下水路

2章のラストダンジョン、少し進むと街に戻れなくなる為、アイテム補給は万全の状態で。
ボスが強敵なのでセーブデータを残しておくと良いかも…

道中は特段強い敵はいないが、フィールドが狭くバックアタックされないように注意しよう。

【ボス:領邦軍兵士x2】
戦闘前に気絶無効アクセサリを装備させておきたい。
気絶付きの「パワフルベイオネット」が威力も高く大きくノックバックするので厄介。
1体ずつ集中攻撃で確実に処理してしまおう。

【ボス:カザックドーベンR/カザックドーベンB】
2章最後のボスだけあって、かなりの難敵。
「遠吠え」で自身のSTRを上げられると被ダメージが危ない事になる為、
道中で手に入れた「ラ・クレスト」で味方のDEFを上げておこう。
DEF減少効果の付いた「アーマークラッシュ」を使われた時も「ラ・クレスト」での立て直しを忘れずに行う事。
2体いる状態で使ってくる「ダブルクラック」は即死級の威力。
幸い単体攻撃ばかりなので、1体になれば全滅の可能性はほぼ無くなるはず。
Sクラフトなどを駆使して1体を迅速に撃破する様にしよう。


3章は近日中に上げる予定です。

それでは、またいずれ!


英雄伝説 閃の軌跡1:改 -Thors Military Academy 1204-

■yahoo!ショッピングはコチラ
■amazonはコチラ