閃の軌跡I:改 1周目からNIGHTMAREを攻略 その⑦【6章】

こんにちは、KN-5です。
前回に引き続き、閃の軌跡I:改のNIGHTMARE攻略メモです。
5章はこちら

6章

【ボス:アンゼリカ】
負けてもOKだが、勝つとAP+2。勝つなら気絶対策と回復アイテムを用意しておこう。
マスタークオーツ「ファルコ」を付けて回避率を上げておくと戦いやすくなる。
Sクラフトを使用してくるので、残りHPには特に気を付けてじっくりと戦おう。
HP回復とバフを同時に行える料理を有効活用すると良い。

旧校舎・第6層

剛属性持ちのラウラ・マキアス・ミリアムでしか壊せないオブジェクトがあるので、
宝箱回収をするならパーティーに入れておこう。
道中の雑魚敵は数が多く出る傾向があるが、すでに範囲攻撃が充実しているので問題は無いはず。

【ボス:エルヴァヴリア×2】
5章のボスより明らかに戦いやすく、弱いと感じる人も多いと思われる。
気絶と遅延が有効で、クラフトを駆使すればほぼ行動させずに撃破可能。
2体が離れている為、範囲攻撃に巻き込めるような位置取りをしておけば楽に戦える。
但し、行動されるとSTRバフからの広範囲攻撃が危険なので、HPの低いキャラは気を付けよう。


実技テスト

戦闘メンバーはリィン+2人を選択。
Sクラフトが優秀なミリアムやクロウ辺りを選ぶと楽。

【ボス:サラ】 ※「誰もピンチにならず」且つ「40ターン以内」に勝利すればAPボーナス(+2)
攻撃力が高く、状態異常も効き辛いのでまともに戦うと苦戦を強いられる。
幸いHPは低めなので、3人分のSクラフトで簡単に倒せるはず(不安なら激励後に放とう)


特別実習(ルーレ)

ここからパーティーがリィン・アリサ・エリオット・マキアス・フィー・クロウになる。
アリサの「ヘブンズギフト」やマキアスの「バーストドライブ」、フィーの「リミットサイクロン」など強力なクラフトを覚えるタイミングなので、道中の雑魚敵に苦戦する事は少ないはず。


スピナ間道

雑魚敵はそれほど強く無いので問題無し。
但し戦闘ノートを埋めている場合、「かれにがトマトマン」が他の雑魚敵のお供としてのみ出現するので忘れないように。

【手配魔獣:オオイシゲェロx2】
HPがかなり高い上に2匹もいるので長期戦になりやすい。
ATボーナスでHP回復を取られると面倒くさいので、上手く調整しよう。
行動はさほど速くなく遅延や気絶が効くので、
「孤影斬」や「スカッドリッパー」主体に戦えば苦戦はしないはず。

石化付与の攻撃を使ってくるので、不安ならアクセサリで防ぐと良い。


ザクセン山道

ボスなどもいない通り道的なマップ。
雑魚敵のデスシックルはその名の通り即死攻撃を使ってくるので注意。


ザクセン鉱山(1回目)

1フロアだけの非常に短いマップ。
雑魚敵は特筆強い訳ではないが、戦えるタイミングはこの時だけなので、アナライズを忘れずに。

【ボス:ゴルドフングス/タートルバグ×4】
大きい図体に反してHPはかなり低めな上、厄介な攻撃も少なくそれほど強くはない。
有効な凍結で攻めてもいいが、何人かのSクラフトを使うだけでも倒せるのでお好みで。


ノルティア街道

厄介な雑魚敵はいないので、サクッとボスまで進めるはず。

【ボス:タトージャx3】
HPが高めでHP吸収攻撃を使ってくる事もあり、非常にタフ。
気絶などの状態異常や遅延は効くので、
オオイシゲェロと同様の戦い方で行動させずに撃破するのがおすすめ。

撃破後に街へ戻るとまたボス戦なので、CPは街に戻るまでに溜めておくと良い。


【手配魔獣:ゲシュパードG】
威力の高い範囲攻撃と高い耐久力を持った中々の強敵。
駆動後に使ってくる「ハイメガキャノン」はかなり痛いので、
駆動解除かアダマスガードで防ぐ様に。

全体的に状態異常が効き辛いが、炎傷や凍結、遅延は多少効く。
運が良ければ、リィンとフィーに「妨害系」クオーツを付けて「孤影斬」と「リミットサイクロン」を使っていく事で嵌める事も可能。


地下連絡道&ザクセン鉱山(1回目)

6章のラストダンジョン。
ボスがかなり強いので、アイテムなどしっかりと準備しておこう。
アンゼリカがゲストキャラとしてパーティーに入る。
優秀な物理要員なのでぜひ戦闘メンバーとして活用しよう。
なお、クロウが途中で離脱するので、メインで使っている場合は気を付けておこう。

【ボス:B・ゼフィランサスx2】
能力低下や気絶などの状態異常を広範囲にばらまいてくる厄介なボス。
しかし、遅延が非常に効きやすいので遅延クラフト連発で行動させずに倒すのは容易。
アリサが「ヘブンズギフト」を覚えていれば、CP補給役として入れておくと安定して戦える。

【ボス:《V》-ヴァルカン/帝国解放戦線・剣/帝国解放戦線・小銃x2】
6章のラストバトル1戦目で、今までのボスと比べてもかなりの強敵。
少なくとも封技対策だけはしておこう。

回復役には全体回復&蘇生アーツの「セラフィムリング」を付けてすぐに立て直せる様にしておくと良い。
取り巻きも今までのボスと違い、すぐに倒せるほど弱くはないので、
行動順や残りHPは今まで以上に意識して戦わないと簡単に全滅する可能性がある。
取り巻きには気絶や遅延が有効なので、出来る限り行動させない様に撃破していきたい。
問題のヴァルカンはHPも高く有用な状態異常はほぼ効かない為、
自ずと真向勝負となる(但し、低確率だが遅延は入るので狙うのもあり)。
攻撃は全て物理攻撃なので、「アダマスガード」での物理反射やアリサの「ヘブンズギフト」などで前衛に心眼を付与しながら戦うと戦いやすい。
HPが減ると即死級のSクラフトを使用してくるが、
幸い範囲が直線なので前後で挟むように戦えば即全滅する事は無い。

次のボスと連戦となるので、撃破前にHP/EPと可能であればCPも回復しておく事。

【ボス:《C》/G・ゼフィランサスx2】
6章のラストバトル2戦目で、こちらも非常に強く厳しい戦いとなる。
取り巻きに行動されると広範囲に気絶などの状態異常を与えてくるので厄介だが、
遅延が非常に効きやすいので「孤影斬」などで行動させずにしておきたい。

《C》は自分周囲に遅延効果付きの範囲攻撃を使ってくるので、あまり全員が近づき過ぎない様に。
NT-Iという機雷をばら撒いた場合、次ターンに起爆されて大ダメージを与えられるので、優先して壊す様にする事。
Sクラフトはヴァルカンと同じく直線範囲なので、位置取りに注意しよう。
遅延は全く効かないが、幸い気絶がある程度効きやすいので、アンゼリカの「ゼロ・インパクト」を中心に攻めると戦いやすい。


終章は近日中に上げる予定です。

それでは、またいずれ!


英雄伝説 閃の軌跡1:改 -Thors Military Academy 1204-

■yahoo!ショッピングはコチラ
■amazonはコチラ