閃の軌跡I:改 1周目からNIGHTMAREを攻略 その⑧【終章】

こんにちは、KN-5です。
前回に引き続き、閃の軌跡I:改のNIGHTMARE攻略メモです。
6章はこちら

終章

旧校舎・第7層

今作のラストダンジョンだけあって、ダンジョンの長さも雑魚敵の強さもトップクラス。
大型の雑魚敵(近づくとアクティブボイスが流れる敵)はかなりの強敵なので、
消耗したくないなら逃げてしまうのもあり。
中盤の仕掛けで全ての攻撃属性(斬/突/射/剛)が必要となるので、
パーティー編成には注意しておこう(戦闘メンバーでなくともOK)

あと、ラスボス戦に備えてリィンを70レベル以上まで育てておくと良い。

【ボス:ロア・エレボニウ/ピースオブパワーx4】
ラストダンジョンのボスではあるが、ラスボスではない。
行動が早く、攻撃範囲と威力も強烈とまともに戦うとかなりの強敵。
時折5章のボス「ノスフェラトゥ」の様に味方を取り込み&HP吸収を行ってくるので、
Sクラフトは救出用として使っていきたい。

攻撃は物理主体なので、物理無効や心眼付与系のアーツ(クラフト)があると被害を抑えやすくなる。
取り巻きのピースオブパワーは倒してもボスが呼び出してくるが、
遠距離から悪夢付与の範囲攻撃を使ってくるのでさっさと倒してしまうのが吉。

実は気絶と遅延が多少効くので、リィンやフィー・ガイウスなどの強力な遅延要員と
「妨害系」クオーツを組み合わせればほぼ一方的に倒すことも可能。
行動されるとジリ貧になりやすいので、この方法で戦う方がおすすめ。


ラストバトル(ボス4連戦)

クロウがパーティーから抜けるが、パーティーでの戦闘は1回のみなので問題は無いはず。
戦闘メンバーには暗闇無効のアクセサリを付けておこう。

【ボス:ドラッケン】
通常の戦闘方法での実質的なラスボス。
状態異常や遅延に完全耐性を持っており、小細工なしの戦いとなる。
更に、高攻撃力且つ高防御力で範囲攻撃主体とかなり強いボス。
非常に硬いので、攻撃時はバフをかけた上で行わないと中々ダメージを与えられない。
幸い行動はそこまで速くないので、回復をしっかりと行っていけば簡単に全滅する事は無いはず。
アイテムやCPはこの戦闘以降使う機会が無くなる為、惜しまず使ってOK。

【ボス:シュピーゲル(1戦目)】
負けイベントなので、素直に負けてOK。
戦闘ノートを埋める場合は、アナライズ(バトルスコープ)を忘れずに。

【ボス:シュピーゲル(2戦目)】
Ⅱ以降の機神戦とほぼ同じシステムでの戦闘。
チュートリアル的な戦闘で、的確に弱点を突いていけば負ける事は無いはず。
HP回復の「神気」は、HP4割ぐらいのタイミングで使うのが良い。
【各構え時の弱点】
■通常時:ボディ
■剣を腰あたりに構えている場合(フレイムスラッシュ):ヘッド
■剣を上に構えている場合(ダークピアス):アーム

【ボス:蒼の騎神オルディーネ】
正真正銘のラスボス。引き続き機神戦での戦いとなる。
自己バフクラフトの「軽功」を使い、STR&SPD+50%を切らさない様に戦う事(無いと勝つのはほぼ不可能)。
カウンタークラフトの「斬月」も有用なクラフトなので、CPはこの2つに割くと良い。

【各構え時の弱点】
■通常時:アーム
■武器を下に構えている場合(アークスラッシュ):ボディ
■武器を前に構えている場合(クリミナルエッジ):ヘッド
■「覚悟しな」のセリフ後(カオスセイバー):ボディ
■上記以外:高確率でカウンター(攻撃しない方が良い)

なお、リィンのレベルが低いと相手の追撃や斬月でのカウンター発生などの運ゲーとなる。
勝てない場合はリトライで相手の能力が下がるので、最終手段として活用しよう。


まとめ

相変わらず、気絶&遅延が強い!
嵌めてしまえばNIGHTMAREだろうと一方的に撃破できるので、
クラフトやクオーツが揃う後半ほど楽になりました。


今月末は「閃の軌跡Ⅱ:改」の発売ですが、
そちらも1周目からNIGHTMAREでチャレンジする予定です。

それでは、またいずれ!


英雄伝説 閃の軌跡1:改 -Thors Military Academy 1204-

■yahoo!ショッピングはコチラ
■amazonはコチラ