『閃の軌跡Ⅱ:改』発売まで残りわずか!各キャラの変更点などをおさらい

こんにちは、KN-5です。
今週の木曜日は「閃の軌跡Ⅱ:改」の発売日です!

前回と同じく、各キャラクターごとの運用方法を前作からの変更点を中心におさらいしていきます。
※メインとなるキャラのみとなります。

【目次】
■リィン / ■アリサ / ■エリオット / ■ラウラ
■マキアス / ■ユーシス / ■エマ / ■フィー
■ガイウス / ■ミリアム / ■サラ

リィン

主な特徴
前作から主人公続投。ステータスも全体的に高水準な万能型
騎神戦ではリィンのレベルが強さに直結するので育成はしっかりと。
とはいえパーティーから外せない為、普通に攻略していけばよほど問題は無いと思う。
前作以上にCP使用頻度が高くなる為、アクセサリなどで補給手段を補うとよい。

クラフト
■既存クラフト
「駆動解除」・「遅延」・「味方のバフ」と必要なものは一通り揃っている。
レベルアップでのクラフト強化後はさらに使い勝手が増す(特に弧影斬)

■新規習得クラフト
●神気合一
CP100と消費は重いが、3ターンの間STR&DEF&SPD+50%且つ全状態異常無効と強力な自己バフクラフト。
使用後は他のクラフトの性能も変わり、100%気絶などエグイ性能になる。
ボス戦では極力この状態を維持できると有利に戦える。

●騎神召喚
3ターンの間ヴァリマールが代わりに戦闘してくれる。
ヴァリマールは広範囲・高威力のクラフトが中心で、簡単に雑魚を一掃可能。
使用時はCPではなく、EPを消費する点は注意(省EPの効果あり)

●終ノ太刀・暁【Sクラフト】
全体攻撃且つ威力SSS+(「神気合一」使用時は4S+)と申し分ない性能。
CP補給が容易にできるなら、「神気合一」使用後に使った方が良い。

運用方法例
「神気合一」使用時の攻撃力がかなり高い為、CP補給手段を確保し積極的に使える様にしたい。
マスタークオーツは初期のフォースが使いやすくおススメ。
攻撃回数を増やす為に、リンクは崩しを発生させやすいキャラに組ませると良い。

ページトップへ


アリサ

主な特徴
ストーリ上は若干影が薄いが、戦闘面では変わらず優秀なサポート役。
オーバーライズを使用して一気に他キャラのCP補給が可能。

クラフト
■既存クラフト
前作から引き続き「ヘブンズギフト」が非常に優秀。
また、「フランベルジュ」も「フランベルジュⅡ」になると威力や追加効果が一回り強化され、かなりコスパの良いクラフトになる。

■新規習得クラフト
●ミラージュアロー
魔法攻撃で威力Aの為、それなりに火力は出るがいかんせん範囲・追加効果が微妙。
CPは「ヘブンズギフト」でのサポートに回した方が良い。

●レディエンスアーク【Sクラフト】
全体攻撃且つ威力SSS+と中々の性能。
だが、やはりCPは「ヘブンズギフト」に回した方が活躍できると思われる。

運用方法例
前作と変わらず「ヘブンズギフト」を中心とした他のキャラのサポートが一番輝ける。
属性縛りの火2個はメルティライズや火言鈴(火属性を中心に使う場合)がおススメ。

ページトップへ


エリオット

主な特徴
優秀な回復クラフトはそのままに、Sクラフトでも全体回復を覚え更に回復特化となった。
全滅の危機でも一発で形勢を立て直せるので、控えに入れておくだけでも安定性がグッと高まる。
オーバーライズやロストアーツなどでアーツ系が強化された為、アーツ攻撃役としても活躍可能。

クラフト
■既存クラフト
エリオットの代名詞だった「エコーズビート」が「レゾナンスビート」に強化され、範囲が広がり使い勝手がさらに向上する。
「ディフェクターα」のSTR&ATS-50%デバフも地味ながら嬉しい追加効果。

■新規習得クラフト
通常クラフトは新しいクラフト無し。

●レメディオラトリオ【Sクラフト】
全体に蘇生&HP全回復のSクラフト。
CPが100残っていればSブレイクでピンチを立て直せる為、非常に便利。

運用方法例
マスタークオーツ「エンゼル」を付けて、回復役としてパーティーの生命線を担ってもらうのがおススメ。
また、マスタークオーツを「マギウス」などの火力型にして、アーツによる攻撃を任せてもOK。

ページトップへ


ラウラ

主な特徴
相変わらずシンプルな物理攻撃要員で、単純ながら強く使いやすい。
ラウラのみが習得するリンクアビリティ「大激昂」はリンク相手がダメージを受けた際にCP+75と破格の性能。
CPが貯まる機会が多い為、クラフトはガンガン使ってOK。

クラフト
■既存クラフト
大きな変化は無いが、「洸円牙」の強化後の「洸閃牙」は広範囲・高威力且つ気絶付与でさらに引き寄せと非常に優秀。

■新規習得クラフト
●熾洸剣
魔法攻撃なので、威力Sでもダメージはそれほど大きくない。
追加効果の封魔はアーツ駆動解除クラフトが無いラウラにとっては有用な状態異常。

●奥義・獅子洸翔斬【Sクラフト】
範囲は円LL止まりだが指定地点の為、多数の敵は巻き込みやすい。
ラウラ自体の攻撃力の高さもあり、かなりのダメージを叩き出せる。

運用方法例
低いSPDを補強するよりも、長所であるSTRの高さを更に磨く方が輝けると思われる。
リンク相手はダメージを受けやすい前衛キャラに組ませると「大激昂」が発動しやすくおススメ。

ページトップへ


マキアス

主な特徴
前作から引き続きステータス面はあまり高くない。
やはり優秀なクラフトや通常攻撃の範囲を活かした戦い方が求められる。

クラフト
■既存クラフト
「ブレイクショット」の強化後の「メイルブレイカー」がかなり使いやすい。
前作と同じく「バーストドライブ」を使う際は「クロノバースト」と併用すると良い。

■新規習得クラフト
●ヒュージバレット
広範囲に珍しい状態異常「バランスダウン」をばら撒けるクラフト。威力もそれなりにある。
消費は重いが、崩しが発生しやすくなり全体的なダメージの底上げができる優秀なクラフト。

●トリニティクローズ【Sクラフト】
弱くはないがやはり通常クラフトが便利な為、そちらにCPを回した方が良い。
演出が微妙にダサい気がするのは私だけだろうか…

運用方法例
今回は上位互換キャラが多く、最後まで活躍させるには工夫が必要になった。
とはいえ、加速や通常攻撃での状態異常ばら撒きなどは誰が行っても優秀ではある。
SPDの低さが気になるので、マスタークオーツ「レイブン」や「行動力系」などでしっかりと補強したい。

ページトップへ


ユーシス

主な特徴
ノーブルオーダーにばかり注目されがちだが、実際は物理・アーツどちらもいける万能タイプ。
リンクアビリティの「ブーストアーツⅡ」が非常に強力なので、ぜひアーツ型キャラと組ませたい。

クラフト
■既存クラフト
やはり「ノーブルオーダー」が非常に優秀だが、それ以外も中々優秀。
「ルーンブレイド」強化後の「アークブレイド」はADF-50%の付与効果があり、アーツによるダメージの底上げができる。

■新規習得クラフト
●プラチナムシールド
自分周囲の味方に「物理防御」を付与できる便利なクラフト。
範囲はそれほど広くないので、位置取りには注意して使用したい。

●アスティオンナイツ【Sクラフト】
マキアス同様、通常クラフトが優秀なのでそちらにCPは回したい。
威力はそれなりに高く、決して弱くはないのだが…

運用方法例
ノーブルオーダーでの補助はもちろん、物理型かアーツ型に寄せて活用したい。
また、前述の通りリンクはアーツ型のキャラと組ませると良い。

ページトップへ


エマ

主な特徴
エリオット同様オーバーライズやロストアーツで相対的に使いやすくなった。
エリオットよりもSPDが遅いがATSやEPはエマに軍配が上がる為、オーバーライズの恩恵を受けやすい。
ストーリー上で強制的にパーティーインする機会が多いのも特徴。

クラフト
■既存クラフト
「ディフェクター」強化後の「ディフェクターβ」で敵のADFを下げてさらに火力を上げられる為、地味ながら便利。
「クレセントシェル」が自身も対象となった点も嬉しい変更点。

■新規習得クラフト
通常クラフトは新しいクラフト無し。

●ゾディアックレイン【Sクラフト】
追加効果はないが高威力の全体攻撃で使い勝手は良好。
通常クラフトの使い勝手も良いので、状況に応じて使い分けると良い。

運用方法例
アーツによる攻撃や補助どちらもできるが、高いATSを活かして攻撃型で運用するのがおススメ。
マスタークオーツ「パンドラ」装備時の殲滅力は圧巻の一言だが、EP補給手段は多めにしておこう。

ページトップへ


フィー

主な特徴
恐らくⅡで一番強化されたであろうキャラ。ものすごく可愛いしかっこいい。
絶対回避率が素で30%になり、アクセサリやクオーツを調整するだけで回避率100%への到達が容易に可能。
更に、回避カウンターも銃撃での遠距離攻撃となり、崩しも発生するようになったおかげで総合的な火力も凄まじい事になる。
反面HPやDEF/ADFは相変わらず低いので、必中攻撃やアーツに対しては注意が必要。

クラフト
■既存クラフト
すべてのクラフトは指定地点となり、使い勝手がかなり良くなった。
各クラフト強化後は範囲や威力が上がり、さらに使いやすくなる。

■新規習得クラフト
●エリアルハイド
2ターン「ステルス」&SPD+50%と一見フィーの役割と噛み合ってないように思えるが、
その実、敵のSクラフト回避や確定クリティカルなどに活用できる優秀なクラフト。

●シャドウブリゲイド【Sクラフト】
高威力の全体攻撃で追加効果こそない物の優秀なSクラフト。
回避カウンターでCPが貯まりやすく、比較的気軽に使える点も大きい。

運用方法例
回避率100%+マスタークオーツ「ムラクモ」+クオーツ「逆鱗」のコンボが非常に強力でおススメ。
マスタークオーツ「ウィング」でアーツも回避できるようして生存率を上げるのもあり。

ページトップへ


ガイウス

主な特徴
ストーリー面ではかなり地味な扱いだが、戦闘面では攻守ともに頼りになるキャラ。
CP補給が容易でクラフト主体で戦える為、雑魚戦での殲滅力が気持ちいい。

クラフト
■既存クラフト
「ゲイルスティング」強化後の「ゲイルストーム」が低消費且つ「バランスダウン」付与で使いやすい。
便利な「ワイルドレイジ」は残りHPに気を付けて使わないとそのまま戦闘不能となるので注意。

■新規習得クラフト
●ハンターウィング
駆動解除とDEF/ADFデバフを同時にできる便利なクラフト。
重めの消費もガイウスであればそれほど気にせず使っていきやすい。

●イクスペルランサー【Sクラフト】
威力は申し分ないが範囲がやや狭め。
しかし「ワイルドレイジ」で数を打ちやすいのであまり気にならない。

運用方法例
マスタークオーツ「トール」を付けると、「ワイルドレイジ」→「Sクラフト」の簡単コンボが連発可能になる。
自発的にHPを減らせるので、マスタークオーツ「シュバリエ」との相性も良い。

ページトップへ


ミリアム

主な特徴
前作から変わらずかなりピンキリな能力で、扱いが難しい。
とはいえクラフトの優秀さも変わらないので、行動手段を工夫すればかなり強力なアタッカーとなる。

<クラフト
■既存クラフト
どのクラフトも威力・範囲ともに優秀で使いやすい。
「メガトンプレス」は遅延付き且つ高確率で気絶を付与できる為、有効な相手にはかなり強力。

■新規習得クラフト
●スレッジインパクト
範囲が非常に広く、威力・追加効果も優秀なクラフト。
但し、消費CPが重い点は注意が必要。

●ギャラクシィカノン【Sクラフト】
驚異の威力4Sの全体攻撃と、最強クラスのSクラフト。
このSクラフト使用を目的にパーティーに入れてもいいレベルで強い。

運用方法例
Sクラフト要員と割り切って、マスタークオーツ「タウロス」+クオーツ「覇道」で開幕Sクラフトを打たせると強力。
普段使いをする場合はHPの補強はしっかりと行わないとあっさり戦闘不能になるので注意。

ページトップへ


サラ

主な特徴
前作ではゲストキャラだったが、今作ではほぼ最初から最後までパーティー加入する。
ステータスに目立った欠点も無く、クラフトも優秀と他キャラと一線を画する性能。

<クラフト
■既存クラフト
前作ゲスト時から大きな変更はなく、強化後も威力や追加効果が上がる程度だが、全体的に強い。
強いて言えば駆動解除系クラフトが無いのが難点というぐらい。

■新規習得クラフト
通常クラフトは新しいクラフト無し。

●ノーザンイクシード【Sクラフト】
ミリアム同様の威力4Sの全体攻撃に「気絶」100%の最強クラスのクラフト。
因みにHIT数も多い為、セピス稼ぎにも利用可能。

運用方法例
マスタークオーツは物理系なら何を付けても活躍できる。
火力を上げるか手数を増やすかで判断して装備を整えると良い。

ページトップへ


閃の軌跡Ⅱ:改プレイ時のパーティー編成の参考になれば幸いです。
因みに私の最終パーティーは前作から変わらずリィン・フィー・マキアス・アリサでした。

それでは、またいずれ!


英雄伝説 閃の軌跡2:改 -The Erebonian Civil War-

■Yahoo!ショッピングはコチラ
■Amazonはコチラ