DJ Myosuke 5thアルバム「Source of Creation」の感想など

こんにちは、KN-5です。


先月発売されたDJ Myosukeの5thアルバム「Source of Creation」
発売からそれなりに日がたちましたが、ほぼ毎日聞いているぐらい気に入っています。

今回は特に気に入っている曲の簡単な感想などをまとめてみます。

DJ Myosukeとは?

レーベル「HARDCORE TANO*C」に所属している、日本のHardcore(Gabber)クリエイターです。
自身も「Japanese Stream Hardcore」などのレーベルを設立している等、
日本を代表するHardcore(Gabber)クリエイターと言っても過言ではないと思います。

クロアチアで行われたイベント「Hard Island」に出演するなど海外での評価も高く、
今年DJ Maddog主宰のレーベル「Dogfight」への加入も話題となりました。

【クロスフェードデモ】

■Source of Creation
アルバムのリードトラックで1曲目からグッと引き込まれます。
キックなどは今風の音ですがシンセやメロディーからどこか懐かしさを感じる一曲です。
フェードアウトで終わる展開もお気に入りです。

■Call Me
BCMとのコラボレーション楽曲。
BCMはBassfreq/CaZ/Mah!roの3名からなるRawStyleユニットです。
ノリやすいリズムとスカルスネアの音がメチャクチャ好みです。

■HARDCOREノ心得 (Extended Mix)
太鼓の達人に収録されている楽曲のFULLバージョンです。
私は太鼓の達人はプレイしないので実は聴くのは今回が初めてですが一発で気に入りました。
「1にハーコー2にハーコー、3・4が無くて5にハーコー」が耳から離れません。
 
■Psyber YAKUZA
曲名はネタ臭が漂っていますが、しっかりとPsyberYAKUZAでした(笑)
和風でありサイケでありYAKUZAでありHardcoreでもあると、聴いていて楽しい一曲でした。

■Eternal Pain
HardStyleで有名なMassive New Crewとのコラボレーション楽曲。
安定のカッコよさを持ったRawStyleで、お互いの良さがうまく調和されています。
余談ですがMNKの名前を見る度に今年のTANO*Cツアー名古屋のジャンプ禁止令が頭をよぎります。

■chimera
無力P名義のボーカロイド曲でも有名な、Powerlessとのコラボレーション楽曲。
氏の得意とする壮大なオーケストラ要素がふんだんに入ったSchranz&Hardcoreです。
RPGのボス戦の様な雰囲気が中二心をくすぐります。

■SCREAM the MAXXX (Stellabee Remix)
HARDCORE SYNDROME11に収録(本アルバムにも収録)のSCREAM the MAXXXのStellabeeのリミックス楽曲。
StellabeeはBreakcoreで有名な日本のトラックメイカーです。
原曲も大好きですが、こちらのリミックスも素晴らしいBreakcoreでどちらも好きです。


今回紹介できなかった楽曲も全て良曲で、個人的にはかなりの良盤でした!
気になった方は是非聴いてみて下さい!!

それでは、またいずれ!


★CD/Source of Creation/DJ Myosuke/JSHSA-4

■Amazonはコチラ
■Yahoo!はコチラ