【スマホ音ゲー】「Lanota」に新ストーリー&新エキスパンション2種類が追加!

スポンサーリンク




こんにちは、KN-5です。


昨日、スマホの音ゲー「Lanota」にアップデートがありました!
今回のアップデートでは新ストーリー「Chapter.Ⅳ 果てしない大空へ」と
新エキスパンション「Chapter.J 研究室Allegro」・「Chapter.K 研究室Presto」追加と、
非常に盛り沢山の内容でした!
※Lanotaについてはコチラのページを参照

ひとまず新ストーリーの曲を遊んでみましたので、軽く感想などをまとめておきます!


■Raise (Radio Edit)/Junko Iwao

●今回のストーリーのメインテーマっぽい雰囲気の曲で、譜面も空を飛んでいるかの様に動く。
●一部リズムが分かり辛い部分があるが、全体的には特筆する点もない普通の13だと思う。


■Geranium/SIhanatsuka

●ゆったりとした曲調ながらも、力強いヴォーカルが素敵な良曲。
●Railを押しながらClickを処理する箇所が多く、Railを押す指を入れ替える箇所もある。
●但し、リズムが素直且つ密度もそれほどでもないので難易度的には13弱といった印象。


■edge of the world/Shade

●戦闘曲っぽい感じの楽曲でギターとストリングスの音がカッコいい。
●前半と後半にあるFlickと同時押し混じりの乱打地帯が難しい。
●上記の難所以外は14では簡単で、Purifyクリアやスコアはそこ次第。


■NIENTE/NILADMIRARI (ft. Machigerita)

●そこはかとなくアニメのOP臭が漂う楽曲。ニエンテと聞くとポップンが思い浮かぶ。
●全体的な難易度は13中位ぐらいだが、中盤にかなりの初見殺しがある。
●サビは左右両端での離れた処理となるので、苦手な人には難しく感じるかも。


■Protoflicker/Silentroom

●静かな曲調ながらも今までのボス曲と同じぐらい強い(と思う)曲。
●前半のGeraniumを強化した様な地帯や中盤のClickとFlickの複合地帯が見た目以上に難しく、少しずれるとすぐにFailハマりする。
●後半も見切り辛い配置が多く、最後まで気が抜けない譜面。

■Stasis/Maozon

●今回のボス曲、Ultraの時点で15レベルでMasterはなんと16レベル!(インフレを感じる)
●楽曲自体はMaozonらしいDrum’n’bassでサビの開放感が堪らないカッコよさです。
●譜面は今までのボス曲と一線を画す難しさで特にClickの密度がかなりエグイです。
●ソフランとリズム難でスコアが出し辛く、Master解放だけでも一苦労でした。


エキスパンションはまた後日購入して感想などをまとめたいと思います。

それでは、またいずれ!