【スマホ音ゲー】「Lanota」新エキスパンション「Chapter. J 研究室Allegro」の紹介

スポンサーリンク




こんにちは、KN-5です。


先日のアップデートで追加された「Lanota」
新エキスパンション「Chapter.J 研究室Allegro」を一通り遊んでみました!
※Lanotaについてはコチラのページを参照

今回も、軽く感想などをまとめておきます!


■Sign Mellow/SID-sound

●エキスパンション購入前でも遊ぶ事のできる楽曲。今回の追加曲で一番簡単だが良曲。
●画面の動きは結構激しいが、密度は低く複雑な操作も無いので難易度は普通の12といった感じ。


■Misty Farewell/t+pazolite

●t+pazoliteの曲だが比較的落ち着いた難易度と曲調。
●譜面自体は極端な難所も無く、14でも簡単な方かと思う。
●サビの譜面が曲調も相俟って物凄く楽しく、正直ずっと叩いていたい。


■Mints – Clubmix – 2017/Yamajet

●個人的に今回一番の問題児だと思ったシャレオツなハウス。
●少ないノーツ数&リズム難&一部視認難でスコアが下手な14レベルより出ない。
●しつこいぐらい続く4分交互Flickが楽しくもあるが厄介。


■The Promised Land/RiraN ft.core mc

●イントロからワクワクさせられるHardstyle。Hardstyleはいいぞ。
●序盤のFlick地帯と終盤の回転地帯は難しく、13でも強めかと思われる。


■PYONTA/DJ’TEKINA//SOMETHING

●このエキスパンションのボス曲的な立ち位置のFutureBass
●2回来る軸をまたぐトリルとその前の地帯が難所だが、全体的には弱めの15レベル。
●個人的に全レベル15の中でも最高クラスに楽しい譜面。曲も良いのでスコア詰めが面白い。


残りのエキスパンションはまた後日購入して感想などをまとめたいと思います。

それでは、またいずれ!