閃の軌跡Ⅳクリアしました! ネタバレ有りの感想など

こんにちは、KN-5です。
先日ポップンの最新作が突然発表&稼働開始して驚きました。

発売日に購入した「閃の軌跡Ⅳ」を昨日クリアしました!
閃の軌跡シリーズ最終作にふさわしい大作で、大満足の内容&ボリュームでした!

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- 通常版

■Amazonはコチラ
■Yahoo!はコチラ

という訳で全体的な感想などを纏めたいと思います。
ネタバレ有りなので、気になる人はクリア後に見てくださいね!


ストーリーについて

●セリフ回しのバリエーションの少なさ(見極めという言葉使いすぎに思った)など、気になる点はありますが全体的には良かったと思う。
●紛うことなきハッピーエンドでエンディングの集合写真は1作目から遊んでいると感慨深いものがある。
●ただオズボーンの最期が思った以上にあっさりでちょっと残念だったかな。
●閃の軌跡シリーズは終わりだが、まだまだ軌跡シリーズが続く事が確定して嬉しい(次は共和国編かな?)
●龍の霊場開始~ルトガーの最期が、個人的に今作で一番好きなイベントでした(久しぶりにゲームで涙出た)

難易度について

【通常戦闘】
●前作で猛威を振るったブレイクシステムやオーダーが調整されて、中々の良バランスになったと思う。
●序盤の雑魚から即死などの厄介な状態異常を使ってくるので、序盤~中盤が一番きつかった。
●後半は恒例となりつつある絶対回避フィーの独壇場で一気に楽になった(必中技が増えたので注意は必要だが)

【騎神戦】
●敵の攻撃が激しくなり、ⅡやⅢよりも圧倒的に難しくなった気がする。
●今回は今まで以上に防御とアイテムが重要で、戦闘的には面白くなっていて良かった。

キャラクターについて

●全キャラ多少の差はあれどそれぞれに見せ場があり、特段不満点はありませんでした。
●私の最終メンバーはリィン・フィー・マキアス・アルティナでした。

【リィン】
 ●4作目且つ最終作にしてやっと報われてくれた主人公。最後の笑顔がホントに素晴らしい…
 ●サブイベントで見せた温泉フリーク具合には笑った。

《戦闘面》
 ●前作までの神気合一は鬼気解放になり、暴走のデメリットがついて若干扱い辛くなった印象。
 ●それでも素ステの高さとクラフトの優秀さに加え、優秀な専用アクセサリーから使い勝手は非常に良い。

【フィー】
 ●作を追うごとに可愛さとカッコ良さに磨きが掛かっていく。エンディングのドレス姿がめちゃくちゃ好み。
 ●立場的に次のシリーズにも普通に登場できそう(というかして欲しい)

《戦闘面》
 ●素の回避率は25%に下がったが相変わらずシリウス&グングニル&憤怒からのカウンター無双が強い。
 ●回避以外もエリアルハイドの能力バフが強化され、火力面での安定性が増して更に使いやすくなった。

【マキアス】
 ●ストーリー的にはやはり地味だが、絆イベントはかなり良いイベントで一見の価値あり。
 ●結局最後まで銃は捨てなかったり、公式でマッキー呼びされたりとネタは多い(笑)

《戦闘面》
 ●ドレッドブレイカーが優秀で、CP回復系アクセサリー付けて撃たせておくだけで強い。
 ●カレイド付けてのセピス稼ぎ等、正に縁の下の力持ち的な存在だった。

【アルティナ】
 ●Ⅲの頃から更に感情豊かになって普通に可愛い。
 ●フィールドアタックが優秀で、フィールドではほとんど先頭キャラだった。

《戦闘面》
 ●アルティウムヒールやノワールクレストを中心にサポート&アーツ攻撃役として運用していた。
 ●新Sクラフトは強いけど、むしろノワールシェイドからのアーツの方にCPを割いていた印象。

気になった点

●旧Ⅶ組のメンバーにも新クラフト(Sクラフト)は欲しかった。
●パーティー入れ替えの度に拠点に戻るのが面倒くさかった。
●ゼノやレオ、オーレリアなどの塩の杭攻略組とメインメンバーでダンジョン攻略したかった。
●フィーとランディの絡みがもっと見たかった…
●ヴァルドさん出ると思ったのに!エンディングにすら映ってなくてちょっと残念。


大ボリュームでしたが、中だるみする事無く楽しめた良ゲーでした!
2週目はゆっくりとNightmareを進めていきたいと思います。

それでは、またいずれ!