【もっとHardcoreを聴こうぜ!】私が一押しするHardcoreを紹介(Oldschool編)

スポンサーリンク




こんにちは、KN-5です。
先日(結構前)、Y&Co.氏のSon, not gabba nowがBeatmaniaⅡDXに収録されました。
しかし、色々とコメントなどをみていると「これってGABBAじゃないよね?」という声が聞こえてくるではありませんか!

という訳で、今回は「Oldschool編」と題し、
Oldschoolについて紹介していきます。
件のSon, not gabba nowもこのOldschoolに分類される曲となりますね。

Oldschoolとは?

Oldschoolとは、「Old」と銘打っている通り1990年代に主流となっていたHardcoreの事です。
当時や本場のオランダなどではGabberといえばOldschoolを指す事が多いです。

また、1990年中期~後期にかけてEarly Hardcoreとも呼ばれる様になりました。
このあたりはジャンル名が変わったり新しく派生したりと中々カオスな感じがありますね。
※因みに前回のGabberは「Mainstream」に分類されます。

Oldschoolの特徴は大きく下記の3点です。
①GabberKickは「ズムズム」といった硬さを感じないKickが使われる
②BPMは170~190程度が多い
③メロディはシンプルなものが多く、Mainstreamの様な壮大さは少ない

昨今はメロディやカッコよさが分かりやすいMainstream系が人気ですが、
いい意味で頭空っぽでのれる点がOldSchoolの魅力だと私は思います。

私のおススメOldschool

■PacMania/Hellblazer

私が一番好きなOldschoolの内の1曲です。
古臭さ(実際古い曲ですが)の中にカッコよさが混ざっていて最高です


■Disciples Of Hardcore/Scott Brown

メロディは結構壮大ですが、OldschoolのKickと上手くマッチしています。
因みにScott Brown氏はBeatmaniaⅡDXの「ポンデステーン」で有名な「Go Berzerk」のアーティストです。


■Wedlock/Ruffneck

随所にちりばめられたサンプリングボイスが楽しい1曲です。
コチラも一番好きなOldschoolの内の1曲(2回目)です。


■You Can Dance/DJ Laugh

OldschoolとFuture Bassが融合した様な面白い1曲です。
OldschoolのKickは意外に汎用性が高い為、様々な形で発展する事が出来そうだと思います。


古臭いカッコよさがあるジャンルOldschoolの紹介はここまで!

Oldschoolに興味が湧いた方はぜひ色々とディグって見てください!
それでは、またいずれ!!